SAMPLE BLOG

忘れるな、いつか必ずそれは来る

選挙とかのお話

今日もはてブで色んな記事を見ているわけですが、そんな中で目についたのがこれ。
二十代が白票を投じれば、街宣車は沈黙する - ペンとサイコロ -pen and dice- BLOG

要は「若者の投票率を上げるために白票でいいから投票しようぜ」ということを言いたかったと思うのですが、何やら「白票なんて無意味どころか害悪」というコメントが多く付いていて、これは受け取り方が違うんじゃないのかなーと。

まぁ、「白票でメッセージを」というのは、僕も「それは無い」と思うのですが。

「白票じゃなくてちゃんと投票する人決めてその名前を書け」というのは全くその通りで、そうなんだけど、ここで言っているのはそうじゃなくて「行かないよりは白票」ということでしょう。んで、その目的は「投票率を上げる」ということだと読み取ったんだけど、違うのかな?

「投票率を上げても白票じゃ選挙結果は変わらない」というのだけど、まぁ確かにそうだけど、それは別に目的じゃないんだからいいじゃない。

ちょっとググったら総務省にこんな資料があった。
目で見る投票率(平成24年3月) (PDF)
これで出てきた年代別投票率がこんな感じ。

で、これが白票で投票率が上がって、選挙結果は変わらないとしても、こんな感じ↓になったら?

こうなると、当選する人が変わらなかったとしても、当選した人は若者の意見も無視できなくなるのでは?ということなんだと思うんだけど…違うのかな?選挙結果を変えるんじゃなくて、当選した人の気持ちを変える、というのが目的なんだと思うんだけど。


ただ、選挙は投票率でやるものでもないし、結局は票数だよなー、と思って投票率と人口から投票数を調べてみた。人口については↓から。
統計局ホームページ/人口推計/人口推計(平成21年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐
んで、20歳以上の平成21年10月の人口と投票率と、そこから計算した投票数がこんな感じ。

年齢 人口(千人) 投票率 投票数(千人)
20~24 6,701 46.66% 3,127
25~29 7,282 52.13% 3,796
30~34 8,426 61.15% 5,152
35~39 9,518 66.29% 6,309
40~44 8,414 70.37% 5,921
45~49 7,687 75.03% 5,768
50~54 7,661 78.87% 6,042
55~59 9,120 80.38% 7,331
60~64 9,305 83.36% 7,757
65~69 8,330 85.04% 7,084
70~74 6,873 83.34% 5,728
75~79 5,781 77.68% 4,491
80歳以上 7,842 56.10% 4,399

ちょっと細かいので、適当に4段階に分けてみた。

年齢 人口(千人) 投票率 投票数(千人)
20-34 22,409 53.89% 12,075
35-49 25,619 70.25% 17,998
50-64 26,086 81.00% 21,130
65- 28,826 75.29% 21,702

20-34歳と50-64歳では9百万票も違うんですね。
で、20-34歳の投票率が53.89%なわけですが、これが増えるととうなるかというと…

投票率 投票数(千人)
80% 17,927
85% 19,048
90% 20,168
95% 21,289

…95%の投票率があって初めて50-64歳に対抗できる…と。
「若者の投票率上げたって、実際の票数(人口)が少ないんだから勝てない、無意味。老人の投票率を下げなきゃ意味無い」という主張があれば、まぁそれも納得してしまう…。


自分はどちらかと言うと政治には無関心層なので、「選挙に行こう!」とかそういうことは言えないんだけど、あーそっか、こんなんなら確かにやる気なくすよね。でもまぁ、選挙行かないよりは…行ったほうがいいよね?棄権より白票、白票よりちゃんとした投票、ということで。
まぁ選挙はちゃんと毎回行ってるし、毎回ちゃんと有効票(のつもり)なので、今回もちゃんと行きますよ。なんだかんだで自分が投票した人が当選してくれると嬉しいしね。